人を知る

VOICE

​一丸となり、お客様に寄り添う

河野俊弘 Kawano Toshihiro

設計部/2014年入社

​入社を決めた理由

​設計に集中できるグループの強み

タマキハウジングは環グループのなかの1社です。

グループのいいところは、一貫して建築不動産の管理から設計、施工、売買まで組織的に仕事を循環できるシステムになっていることです。

私が携わる設計部は、営業・企画部門からの依頼で設計することと、工事部に引き継いだ現場の設計管理を行っています。

建物づくりは、お客様にとって非常に高額な買い物なので作ってしまうとリピートしづらいがところがあります。

グループでは部署ごとに役割分担がありますので、お客様とのやりとりや仕事を生むための営業は他の部署にお任せして設計の仕事に専念することができるということで、タマキハウジングを選びました。

​仕事のやりがい

​お客様に寄り添える

お客様との出会いから設計を進めていく中で、夢を実現するために考えること。思い描いた夢が建物として作り上げていくプロセスをお客様とともに体感できるところ。できた建物を管理するところまで一貫してお客様と寄り添えることにやりがいを感じています。

​タマキハウジングのらしさ

​一丸となり汗をかく

一人一人が多能工で、忙しければ我々も現場に出て手伝ったり、竣工間際になると全社員で清掃に参加することもあります。

一人一人がより良い建物づくりを考え、

一丸となって動く。みんなで汗をかくところが良いところです。

我々グループの行動指針で、「三つの汗」というものがあるんです。頭の汗、心の汗をかいて、体の汗をかくという、三つの汗を一丸となって実践することが、タマキハウジングのらしさだと思います。

​未来の仲間にメッセージ

​実践で学べる

我々がやっている設計で言えば、臆することなく「やりたい」という気持ちがあればどんどん挑戦していただきたいですね。 

設計は勉強したらできるというものではなく、実践の中でお客様といろんな葛藤をしながら物事を考え学んでいく。

設計とは、問題を解決していくことなんです。

やる気があれば、熱意があれば、夢が叶えられる職業だと思います。

我々と共に挑戦して夢を叶えたい仲間を募集しています

CALLENGE

​若手を育てる

建築の設計に没頭して35年になります。自分自身が成長すると共に、今まで培ってきた知識経験を生かして若手を育成していくことです。

 

自分と同じように設計できる人、こだわりのあるお客様にもしっかりと向かい合い、喜んで頂けるような設計ができる若手を育てていきたいですね。